2018年2月19日月曜日

トライ・ハワイ語

神田外語大学で集中講義「トライ・ハワイ語」が終了しました。4日間で90分授業を15コマ。連続して授業をしたおかげで効果的な教材の提示順についてなど新たな発見もありました。もちろんずっと話しているわけではなく(なるべく自分が話さない時間を長くすることが目標なので)、ハワイ関連の映画を観る時間があったりするわけですが、毎日、帰宅後は思っていた以上に疲労が蓄積していました。

ですが、それ以上に、「ハワイ語って何だ何だ?」と集まってきた約75名の学生さんたちを相手にとても刺激的な4日間でした。ちなみに授業名の「トライ」を私は「ちょっとハワイ語をやってみよう」という意味で理解していたのですが、授業後のアンケート結果によると、受講生の中には「力の限り挑戦する!」という相当な意気込みの人もいたようで、今回の内容は少し物足りなかったようです。申し訳ありませんでした・・・。そんな人にはぜひハワイの先住民の言語文化の研究者を目指してもらいたいです。

ところで、数回前の投稿で言及したLanguage MattersのDVDは消滅の危機に瀕した言語のドキュメンタリー映画だったのですが、約2時間のうち1/3はハワイ語のことでした。ケアリイはライブ映像だけでなく、ハワイ語の再活性化運動についてじっくりと見解を述べていました。今回の集中講義で全ては使えませんでしたが、一部使いました。ハワイ語の現状を説明するのにとても役立ちます。学生さんたちの興味はさまざまですが、ハワイの歴史というよりは、ハワイやハワイ語の今(!)に強い関心があるようでした。大学横断的に今後の授業に活かしていきたいと思います。

2018年1月26日金曜日

AANHPIハワイ・フォーラム2018

今週末にハワイ大学で以下のイベントがあるようです。

AANHPIハワイ・フォーラム2018
(AA=アジア系アメリカ人、NH=Native Hawaiianハワイ先住民、PI=Pacific Islander太平洋島嶼民のアイデンティティと場所)

金曜日5-7pmにハワイの若者が製作した短編映画が3つ披露されるのですが、FacebookのHistoric Hawaii Foundationのページ上で日本時間の土曜日の正午-2pmに見ることができます。ハワイの若者が今、どんなことを考え、感じているのか、知るのに良い機会だと思います。日本で一般的にイメージされるハワイとは違う世界が見られるはずです。

あと土曜日9:00-15:15(日本時間では日曜日の朝4時・・)に講演やパネルディスカッションが予定されています。ライブストリーミングを見るには事前登録が必要なようなのでもう時間がありませんが、プログラムはこちら

海外への学会出張をした気分を味わえるかも。

2017年12月29日金曜日

Language Matters

授業で危機言語のことを扱う際に便利かと思って最近購入したLanguage MattersというDVDのパッケージを眺めていて、付録的にKeali'i Rachelのライブが収録されていることに(今更)気がつきました。おお〜。おそらくライブイベントでハワイ語を話しているんじゃないかと想像します。知らずに購入していたので、この年末年始に観なければ。

2017年7月9日日曜日

ハワイ語@TUFS

先日、東京外大のハワイ語(春学期)が授業最終日でした。今年度が2回目でしたが、昨年度からいろいろと授業内容を変えたのが、受講生に好評だったように思います。特に、受講生の皆さんが選択したトピックで発表してもらったり、フラや歌の実演をやってもらったりして、私自身本当に新しい気づきがありました。

今年度は2月に別の大学でハワイ語の集中講座を予定しています。どんな学生さんたちが集まるのか楽しみです。

大学以外の場でもハワイ語講座を行っています。興味のある方はこちらをご覧ください。ホームページの更新はそれほど頻繁ではないかもしれません。メールで直接問い合わせるのが確実かと思います。

2017年4月21日金曜日

Livestream

自宅で仕事をしながら視聴中。メリーモナークのライブストリーム。今日から3日間ですね。パフォーマンスはもちろん、解説や、さまざまなインタビュー映像、CMなどなど、いろんな現地情報がつまっています。

ただ、日本語話者向けのCMが耳障り。「栄光の瞬間」ってなんじゃらほい、という感じ。

2017年4月10日月曜日

ことばのサロン

5月に「ことばのサロン」というイベントでハワイのことばについて話します。詳細はこちら


2017年3月15日水曜日

リソース

ブログの右下のリストにKaipuleohoneを追加しました。ハワイ大学のデージタルアーカイブスで、主に危機言語でデジタル資料が公開されています。

(ちなみに、Kaipuleohoneを分解すると、Ka ipu leo honeとなります。甘い(hone)声(leo)(が入った)容器(ipu)という意味のようです。凝った名前ですね。)

もうひとつご紹介。ハワイ大学で2014年から進行中のプロジェクト(Making Pacific Language Materials Discoverable)です。うまく整理されていなかった太平洋地域の言語資料を検索しやすくすることを目的としています。オセアニアには1,400の言語があり、こうした諸言語で生み出された資料や、こうした諸言語に関する資料について説明されています。ハワイ大学の所蔵資料は世界的に見てもとにかくすごいんだ!ということがわかります。

5th ICLDC

ハワイ大学マノア校のImin Centerで開催された第5回 国際言語記述・保存学会(5th International Conference of Language Documentation and Conservation)で、ハワイ語のラジオ番組について発表(Taking a discursive approach to the tellings of legends on a Hawaiian language radio program)してきました。発表スライドは後日、ハワイ大学のScholar Spaceで一般公開されるそうです。

ラジオ番組のパーソナリティーであったラリー・カウアノエ・キムラさんが聴きに来てくださり感激しました。自分以外のハワイ語に関する興味深い研究発表も聞くことができましたし、懐かしい皆さんともお会いでき、実りある滞在となりました。ここで得たことを、今後アウトプットしていくぞ!と意気込んでいます。