2017年4月21日金曜日

Livestream

自宅で仕事をしながら視聴中。メリーモナークのライブストリーム。今日から3日間ですね。パフォーマンスはもちろん、解説や、さまざまなインタビュー映像、CMなどなど、いろんな現地情報がつまっています。

ただ、日本語話者向けのCMが耳障り。「栄光の瞬間」ってなんじゃらほい、という感じ。

2017年4月10日月曜日

ことばのサロン

5月に「ことばのサロン」というイベントでハワイのことばについて話します。詳細はこちら


2017年3月15日水曜日

リソース

ブログの右下のリストにKaipuleohoneを追加しました。ハワイ大学のデージタルアーカイブスで、主に危機言語でデジタル資料が公開されています。

(ちなみに、Kaipuleohoneを分解すると、Ka ipu leo honeとなります。甘い(hone)声(leo)(が入った)容器(ipu)という意味のようです。凝った名前ですね。)

もうひとつご紹介。ハワイ大学で2014年から進行中のプロジェクト(Making Pacific Language Materials Discoverable)です。うまく整理されていなかった太平洋地域の言語資料を検索しやすくすることを目的としています。オセアニアには1,400の言語があり、こうした諸言語で生み出された資料や、こうした諸言語に関する資料について説明されています。ハワイ大学の所蔵資料は世界的に見てもとにかくすごいんだ!ということがわかります。

5th ICLDC

ハワイ大学マノア校のImin Centerで開催された第5回 国際言語記述・保存学会(5th International Conference of Language Documentation and Conservation)で、ハワイ語のラジオ番組について発表(Taking a discursive approach to the tellings of legends on a Hawaiian language radio program)してきました。発表スライドは後日、ハワイ大学のScholar Spaceで一般公開されるそうです。

ラジオ番組のパーソナリティーであったラリー・カウアノエ・キムラさんが聴きに来てくださり感激しました。自分以外のハワイ語に関する興味深い研究発表も聞くことができましたし、懐かしい皆さんともお会いでき、実りある滞在となりました。ここで得たことを、今後アウトプットしていくぞ!と意気込んでいます。

2017年2月22日水曜日

ハワイ語

来年度も東京外大でハワイ語を教えることになりました。

科目名は「世界のことばA(ハワイ語の世界を知る)」で、シラバスはこちらです。

一般聴講生制度というものもあります。

2017年2月8日水曜日

スーパーでのハワイ語表示

これまた数年前のニュースですが、ハワイ島で展開しているKTAというスーパーマーケットの商品表示にハワイ語が取り入れられたというニュース(2013年4月9日)。こうした取り組みがあるのは知っていましたが、映像は初めて見ました。ハワイ語を取り巻く状況を知るのに、ʻŌiwi TVはとても便利です。ブログの右下、ハワイ語関連リストにも追加しました。

Ka Hale ʻŌlelo

2月はハワイ語の月だそうです。

ということで、今月はメディアでいろいろな過去のニュースが改めて取り上げられています。

ハワイ大学ヒロ校(ハワイ島)は、ハワイ語で教育する学部を有するということで、ハワイ語の再活性化において中心的な役割を担っています。この学部の建物(Ka Hale ʻŌlelo)が新設されたというニュース(2014年2月13日)。ナレーションはハワイ語で、字幕が英語です。

2013年に訪問した時は気がつかなかったけど、2015年に訪問した時に随分きれいな建物があるんだなぁと思っていたのですが、当時まだできたばかりだったのかとようやく気がつきました。

2017年2月6日月曜日

ハワイ語番組

オンラインでハワイ語番組が公開されています。(ブログの右下「ハワイ語関連リンク」に追加しました。)

ハワイのʻŌiwi TVで2012年から13回分が放送されていたKa Leo ʻŌiwiという番組です。

毎回20分程度のレッスンに加え、ワークシートがあり、解答例も付いています。

説明が英語であること、ハワイで用いられる日常的な語彙(基礎語や地名など)やハワイ語の短いフレーズなどが使われていること、毎回取り上げる素材が多いことから、全くの初学者には難しそうです。

番組のねらい自体も、少しハワイ語を習ったことがある人が、久しぶりにやってみようと考えている人を対象にしているようなので仕方ないかもしれません。

いずれにせよ、無料で利用できます。英語にある程度自信があれば、良い教材だと思います。

2016年10月4日火曜日

ハワイ語の世界

単著(電子書籍)が出ました。

ハワイ語の世界. 人間生活文化研究所. (ISBN: 978-4-907136-10-9)

上記リンクからPDF形式でダウンロード(無料)できます。